輸入車 ランキング

輸入車ランキング、最近の傾向は?

最近の輸入車はどんな車種が売れているのだろう?その時代に合わせて様々な国の車種が日本でも支持を受けております。ここでは最近の輸入車販売台数ランキングトップ3を特徴を交えてご紹介します。まず第三位はフィアット500です。昔からルパン三世のクルマとしてご存知な方も多いかもしれません。非常に個性的な2気筒のマルチエアターボエンジンを搭載しており、アイドリングストップ機能も合わせるとかなりの低燃費で人気となっています。

 

最近の輸入車ランキング

続いてランキング第二位はポルシェ911です。7代目モデルである今作は2011年に登場し、車体にアルミ合金を採用して60キログラムもの軽量化が図られております。その結果、乗り味も向上し直進性や安定感がアップしています。スポーティーな外観とその走り、それに合わせるように人気も未だ健在と言えるでしょう。そして輸入車ランキング第一位はBMW3シリーズです。

 

BMWでの最多量販車種として長くその地位を守っている3シリーズ。電子式のシフトレバーを採用しており、その有り余るほどのパワーを直感的なシフトチェンジで操ることが可能です。ヘッドアップディスプレイなどの先進機能も充実しており、合わせて安全性能の高さも魅力であり、車線逸脱警告や追突軽減ブレーキなども充実しています。かつての輸入車販売ランキングと大きく異なり、近年の輸入車の特徴としてはそのパワフルな走りの他に実用性と燃費性能の向上、さらには安全性能が向上された車種に人気が集まっている傾向があるようです。

 

輸入車への買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!