並行 輸入車

並行輸入車のメリットとデメリット

並行輸入車という言葉をご存知でしょうか?輸入車の販売は自動車メーカーによる正規輸入と、各販売店が独自に行う並行輸入車の2パターンあります。簡単に申し上げると正規輸入車は日本仕様として作られた車で、並行輸入車は海外で作られたものをそのまま日本に輸入すると言うスタイルです。並行輸入車の良い点は、何より価格が安いと言う点です。特に為替相場が円高であれば、その分直接の恩恵を受けられます。

 

並行輸入車のメリットとデメリット

また、日本仕様では存在していない装備にもめぐり合うことが出来ます。実際に車種によっては海外において例えばハッチバックタイプがあるのに日本仕様では取扱が無いということもあるのです。さらに選択肢も大きく広がります。やはり市場規模が日本だけとは違い大きいですので本当に欲しかった車に出会える可能性も高まるのです。反対に並行輸入車を購入するに当たっては注意しなくてはならない点もあります。

 

ケースとして多いのは購入後、輸入するに当たってのトラブルです。日本での販売店が良心的でも海外の業者がしっかり整備していなかったり、なかなか輸出せず数ヶ月間も待たされるという例もあります。また、並行輸入車の場合は整備や保険が対象外となってしまうディーラーがありますので、あらかじめチェックしておく必要があります。さらに輸入の際の諸費用もかかりますので、購入前にしっかり確認しましょう。安い販売価格でもここで帳消しになる例も多いようです。このように、並行輸入車には良い点と悪い点が付きまといますので、購入する際には慎重に確認しましょう。

 

輸入車への買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!