輸入車 修理

輸入車の修理、故障の傾向について

輸入車の販売台数が増えているという昨今ですが、以前から言われているのが輸入車は修理が大変、あるいは故障が多いという点です。これについてここでは解説しましょう。まず修理代については国産車に比べるとやや高いという傾向があります。BMWやメルセデスベンツなどの売れ筋の車種であれば国産の高級な車種と大きな差は無いものの、比較的マイナーな車種になればなるほど部品代や修理代金が高くなってしまうことがあるようです。

 

輸入車の修理、故障の傾向について

しかし、現在は輸入車の修理を専門に行う業者もありますので、ディーラーではなくそのような業者へ直接依頼することで、少し修理代が抑えられるという方法もあります。続いて、輸入車は故障が多いのか?という点ですが、これについては現在は何とも言えません。実際にかつての輸入車は故障が多かったようですが、現在では海外の業者もかなり故障しない車作りを行っておりますのでかなり故障する割合は減っているようです。

 

どちらかと言うと、正規輸入ではない並行輸入車などで故障や輸送トラブルが多いという傾向もあります。最後に車検についてですが、通常のディーラー車検では国産車よりもやや期間が長くなるという傾向もあるようです。先に述べたように修理で部品の調達や専門修理業者への移行で時間がかかると言うケースがあります。価格はこれらの影響でやや高くなってしまうこともあるようです。かと言って輸入車が全てデメリットだらけであるということではなく、むしろ国産車よりも高機能である部分はかなりありますので、今後の新車購入時には輸入車の検討をしてみるのも良いのではないでしょうか?

 

輸入車への買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!