輸入車 値引き

輸入車の値引きを最大限引き出し、相場より10万以上安く買う為の簡単2ステップ交渉術

輸入車は値引きしてもらえない、なんて都市伝説、信じていませんか?

 

確かにランボルギーニやロールスロイスなどの輸入車や、ベンツやBMWなどの最上級車種など、ごく一部の輸入車は値引きを一切していませんが、殆どの輸入車は国産車同様に値引きに応じてくれます。

特に決算期前やモデルチェンジ前などは思い切った値引き額を提示してくる事もありますし、ニューモデルに切り替わった直後はあまり値引きが期待できないといった事など、輸入車だけの特徴が有るわけではありません。

 

では、輸入車の値引きを最大限に引き出し、相場よりも10万円以上安く買う為の方法を解説していきましょう。誰にでも出来る簡単な3ステップの交渉術ですので、是非実践してみて下さい。

 

車買取一括査定サイトを利用して、下取り車の買取相場を把握する

 

現在乗っている車から輸入車に買い替えるという方がとても多いと思いますが、


 

輸入車ディーラーへいきなり車を下取りに出してはいけません!

 

下取りで相場より安く見積もり、浮いた金額を値引き額に上乗せし、
あたかも大幅に値引きしたように見せかけて購入を促すディーラーは多いです。

 

まずは、下取りに出す車の買取相場を知る為に、一括査定を利用しましょう!


ズバット車買取比較

かんたん車査定ガイド

カーセンサー


 

車買取業者から連絡が入ると、車の買取概算価格はすぐに分かると思いますが、
正確な買取金額を知る為には、実際に車の査定を受ける必要が有ります。

 

高い買取価格を出させる秘訣は、5社〜7社の業者から査定を受ける事です。
同じ時間に一斉に業者を呼んで同時査定を受けると手間と時間を節約できます。

 

一番高い買取金額を提示した業者の見積もりを、次の値引き交渉に活用します。


 

輸入車ディーラーで、下取り額アップの交渉と値引き額の交渉を行う

 

輸入車ディーラーで商談を進める訳ですが、まずは車の下取り査定を受けてみて下さい。
おそらくガッカリするほど安い金額を提示される事と思います。


 

ディーラーは下取り価格を安く提示する事で、マージンを確保しようとします。
相場を知らないお客さんの場合は、そのまま受け入れる事も多いからです。

 

買取業者の査定金額を知っているあなたは、ディーラーが提示する下取り金額がかなり安い事が分かりますので、下取り額をアップする交渉を進めましょう。

 

下取り価格に納得できなければ、買取業者に売ってしまえば良いのですから。


大事な事なので繰り返しますが、
ディーラーは下取り価格を低めに出して、まずはマージンを確保しようとします
そして購入する車を通常の値引き額で提示しておき、お客さんが更に値引きを要求してきた場合に、
値引き額を上乗せして購入を促してきますが、実際は下取りのマージンを切り崩しているだけです。

 

このからくりを知っているあなたは、
ディーラーで上手に値引き交渉を進められ、相場より10万円以上安く買う事も簡単に出来ると思いますよ!