フォード フォーカス 燃費

フォード フォーカス 燃費・価格・グレード一覧

フォード・フォーカスは1998年に初代が登場しており、セダン、ハッチバック、ステーションワゴンと言う多彩な設定です。日本市場においてはそれほどでもありませんが、世界的には激戦であるCセグメント業界のトップに君臨しています。3代目が2013年に登場し、あらゆる部分に先端技術が搭載されております。アイドリングストップ機能こそ備わっていないものの、ブレーキエネルギー回生システムが採用されており、燃費性能を高めているのが特徴です。

 

フォード フォーカスのおすすめポイント

@ラゲッジルームの使い勝手はトップクラス
Aエコ運転技術を高めるエコモード
B音や振動が気にならない高い静粛性

 

フォード フォーカス

また、中央のマルチインフォメーションディスプレイではエコモード表示でアクセルの踏み方などをアドバイスしてくれることや、空気抵抗を軽減しているフォルムによりリッター最大12.0キロというまずまずの数値になっています。そして、室内空間においてもスポーティーな印象で、シートの柔らかいフィット感は定評があります。ややリヤシートのゆとりは足りないものの、静粛性が高く音や振動は全く気になりません。

 

さらにこのフォード・フォーカス、ラゲッジルームの使い勝手はトップクラスであり、スクエアな開口部は出し入れが非常に楽で、リヤシートを畳めばフラットな空間を作ることも出来ます。安全性においては、アクティブシティストップを採用し、レーザーセンサーを用いて時速30キロ以下での追突を回避、自動ブレーキも標準で装備されているのは嬉しいところです。日本においては5ドアハッチバックの設定のみでありますが、今後日本市場においてもフォード・フォーカスが存在感を高めていくことが期待されています。

 

輸入車への買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!

フォード フォーカス 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

12.0km/L(2.0L)

4370×1810×1480

6.0m

 

フォード フォーカス グレード一覧

グレード

エンジン

ミッション

駆動

ハンドル

減税

価格

スポーツ 2.0L 直4

6速DCT

FF

 

293万円

 

輸入車への買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!