フォルクスワーゲン パサート 燃費

フォルクスワーゲン パサート 燃費・価格・グレード一覧

フォルクスワーゲン・パサートは1973年に登場し、当初はファストバックセダンやハッチバックタイプが主流でありましたが、現行の7代目はステーションワゴンタイプ、セダンタイプと変遷しています。日本では2011年に販売を開始、近年フォルクスワーゲン全体の流れとして燃費性能の向上が図られており、このフォルクスワーゲン・パサートにおいても同様、走行性能はそのままにエンジンのダウンサイジングが施されています。

 

フォルクスワーゲン パサートのおすすめポイント

@装備、走行、実用、全てが良いレベル
AデュアルクラッチシステムでMT運転も可能
Bトランクスルーで長尺荷物も積載

 

フォルクスワーゲン パサート

そのパワーユニットは1.4L直列4気筒ターボエンジンで、スタートストップシステムと合わせて低燃費化に成功。リッター最大17.6キロはかなり良い数値と言えます。そして走りも十分に楽しめるのが魅力で、心地良い加速感と高速走行の安定性は定評があります。デュアルクラッチトランスミッションを採用しており、7速DSGはシフトレバーでのマニュアル変速操作も可能としています。メーターもコックピット的な装いで、大小2つのアナログメーターを採用。

 

中央にはマルチファンクションインジケーターを搭載しており、燃費や運転時間などを表記してくれます。まさにデジタルとアナログの融合を思わせるシステムです。さらに使い勝手の良い機能として、リヤシートのアームレストを倒すとトランクスルーがあり、長尺の荷物も簡単に収納可能でラゲッジ空間もまずまずの広さがあるためアウトドアにも使用できるレベルです。フォルクスワーゲン・パサートはそれほど派手さは無いものの装備面、走行面、実用面で平均点以上を確保している印象です。これが安定した人気を誇る要因でしょう。

 

輸入車への買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!

フォルクスワーゲン パサート 主要データ

JC08モード燃費

全長(mm)×全幅(mm)×全高(mm)

最小回転半径

17.6km/L

4785×1820×1490

5.3m

 

フォルクスワーゲン パサート グレード一覧

グレード

エンジン

ミッション

駆動

ハンドル

減税

価格

TSIコンフォートライン ブルーモーション テクノロジー 1.4L 直4ターボ

7速DCT

FF

100%

329万円

TSIハイライン ブルーモーション テクノロジー 1.4L 直4ターボ

7速DCT

FF

100%

399万円

TSIコンフォートライン ブルーモーション (ワゴン) 1.4L 直4ターボ

7速DCT

FF

100%

352万円

TSIハイライン ブルーモーション テクノロジー(ワゴン) 1.4L 直4ターボ

7速DCT

FF

100%

422万円

オールトラック TSI 4モーション(ワゴン) 1.4L 直4ターボ

6速DCT

4WD

 

499万円

 

輸入車への買い替え・乗り換えで10万円以上得する方法を知りたい方必見です!!